スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産準備品一覧

さて、本題です(笑)

カテゴリ別に書こうかとも思いましたが、一覧になってる方がチェックしやすいので、表形式にまとめておきます。
それぞれの品についての詳細は、別途、品目事の記事にて。

※必要数も最低限=汚した都度お洗濯ペース、でのもの。洗濯頻度によって、洗い替えの用意がいります。

※必要度は三段階評価にしました
必要度0:-
必要なし
必要度1:
ライフスタイルや場合によって、必要orあると便利
必要度2:★★
ほぼ間違いなく必要


■衣料
品名 必要数 必要度 参考
短肌着 3~5 ★★ 季節によって変わります。
汚したり汗かいたりで、着替える機会は多いですが、生まれる大きさも分からないので、枚数は控えめの方がいいです。

夏は短肌着のみでOK。
春・秋は、コンビ肌着or長肌着1枚、または短肌着との重ね着調整で済む。冬は更に重ね着がいるかも。
コンビ肌着か長肌着かは、お好みで。個人的には、ハイブリッド(笑)なコンビ肌着がおすすめ。
コンビ肌着
長肌着
ドレスオール
・2wayコンビ等
1~2 いわゆるベビー服ですが、新生児を外に連れ出すことがないし、お祝いで頂くことも多いものなので、さしあたっては必要なし。
退院時や退院後直近に着せたい機会があるなら、時間のある妊娠中にゆっくりうきうき選ぶと、楽しいです(笑)
短胴着(ベスト) 1 - 体温調整用。必需品ではあるが、直近では使わない。そもそも、新生児がいる部屋じたいの温湿度を調整するだろうから、あまり着込ませることはないです。
アフガン
(おくるみ)
1 必要な品ですが、バスタオルや手持ちのストールでも十分いける。
但し、専用品は見栄えが良いので、きれいにしたければ買った方が格好いい。
靴下 1~2 - 不要。
冬でも履かせなくて良いと産院で言われました。
ガーゼハンカチ 5~10 ★★ 必須。
授乳時、おふろ、吐き戻したとき、汗ふき…と、いろいろ使えます。
とにかく汚すので、ある程度枚数があると便利。
スタイ 2~3 よだれが多くなってからでいい。
授乳時にも使えるが、ガーゼハンカチの方が便利。
後から使うのなら先に買っててもいい、ともいえるが、よだれの量も個人差があるので、必要ない場合もある。
セレモニードレス 1 - 着せられるのは、せいぜい退院時とお宮参りぐらい。
着せたければ、レンタル利用もある。
ミトン 1 - ひっかき防止。だけれど、ミトンつけるくらいなら爪を切れ、と産院で言われました。
帽子 1 - ほぼ外に出ないので、不要。そもそも、おくるみで巻いてると、いらない。

■おむつ
品名 必要数 必要度 参考
紙おむつ 1パック ★★ どちらか、必須。
紙おむつは、体の大きさや相性があるので、少量にしておく方がいい。各社製品のサンプルは、できるだけ集めておくと、使い勝手も含めて試せてよいです。
布おむつの場合、カバー等一式が必要。
そして布おむつは、洗濯する手段も考えておく方がよいとのこと。(家事をやってくれる人がいないとすごく大変)
紙おむつは、退院時に、産院使用の製品がもらえる場合もあります。
布おむつ 1揃え
おしりふき 1パック ★★ ウェットティッシュタイプのものを使うなら、これも相性がある場合があるので、まずは少なめに。
湯+コットンという手もある。
おむつ替え
マット
1~2 おむつ開けたときに出されるなど、よくあることだが、マットを敷いておけばマットを洗うだけでいいので、あると精神的にラク。
でも最初は使い古しのバスタオルでも十分なので、後から欲しければ買うでも大丈夫。
おむつ
バケツ
1 ★★ 最初のうちはニオイも大したことないので、蓋付きのバケツでも十分。
密閉タイプの専用品は、ランニングコストがかかるものも。

■授乳
品名 必要数 必要度 参考
哺乳瓶 1~2 - 完全母乳だと不要。どうなるか分からないので、事前に買わない方がいい。
果汁や湯冷ましも、今の育児法では、最初は飲ませないのが主流。それ用に用意する必要もない。
乳首 1~2 - 哺乳瓶がいるようになったら、一緒に。
ただし、使うとなったら、一度に揃える必要があるので、事前に買う物を選んでおき、さっと揃えられるようにしておくのがいいです。
そして、ここにあげたもの全てがいる訳でもない。詳細は別途。
哺乳瓶
ブラシ
1 -
乳首ブラシ 1 -
消毒器 1 -
調乳ポット 1 -
搾乳器 1 -

■お風呂・お手入れ
品名 必要数 必要度 参考
ベビーバス 1 買わなくとも、レンタルという手もある。衣装ケースで代用したり、シャワー洗面台にお湯をはってもいける。
洗面器 1 かけ湯など、手桶か小さい洗面器の方が使い勝手はいい。
湯温計 1 慣れれば肘で湯加減を見られるらしいが、自信がなければ、測ると間違いがなく、安心。
ベビーソープ 1 沐浴液を使うなら、不要。
普通にお湯でおふろに入れるなら、必須。赤ちゃんは肌が弱く、大人と同じものはトラブルの元になります。
石けんか、液体タイプかは、お好みで。泡で出るタイプは、泡立てる手間がなく便利。
沐浴液 1 お湯に入れて使う。これを使うなら、ベビーソープは不要。
どちらにするかはお好みで。
湯上がり
タオル
1~2 ★★ 普通の白無地バスタオルでもいい。
正方形の湯上がりタオルは、拭きやすい。
沐浴布 1 ★★ 専用ガーゼでなくても、無地タオルでも大丈夫。なにかしら掛かってると安心するらしい。
スポンジ 1 - 手で洗えるので、不要。
ベビーローション 1 保湿用。最初はいらない。乾燥するようなら、そのときに買う方がいい。
ベビーオイル 1 耳・鼻のお手入れにも使われますが、最初はいらない。
綿棒 1パック ★★ おへその消毒、耳・鼻のお手入れに必須。なにかと使う。赤ちゃん用の小さいものが圧倒的に使いやすいです。
つめきり
ばさみ
1 ★★ 専用品が必要。小さい爪を切るのは苦労するので、自分が使いやすいものを。
清浄綿 1パック ちょっとしたときに直ぐ出して拭けるので、あると何かと便利だが、必須ではない。
体温計 1 ★★ 毎日測るので必須。短時間で測れるもの推奨。でないと、測ってる間に動かれて大変…。

■お部屋
品名 必要数 必要度 参考
ベビー布団 1セット ★★ 汚すことも多いし、1日中そこに寝かせることになるので、やはりベビー布団は必要。
ベビーベッド 1 ベッドにするか、直に布団をひくかは、その家に寄る。ライフスタイルと相談。
替えシーツ
・カバー
1 ★★ 汚すことも多いので、洗い替えは必要。
ベビー枕 1 - 最初は不要。二つ折りしたタオルでもいい。
防水シーツ
・パッド
1 敷き布団を汚さなくて済むので、あると精神的に楽。
とはいえ、最初はバスタオルをしいておくだけでも事足りる。
タオルケット 1~2 気温が高めの時や、昼に使えたりして、用途は広い。
綿毛布 1 ちょっと肌寒いときに掛けたり、何かと使えます。
ベッドメリー 1 - 子供が気に入るかどうかは、使ってみないと分からない。欲しければ買えばいいかと。
クーファン 1 - 最初は、そんなに持ち運ぶ機会はない。使いたくなったら買えばいい。
ラック
・バウンサー
1 - 嫌がる子もいるので、使えるかどうか分からないギャンブル品。「いらなかった」と言われる代表品でもあるので、欲しければ後から買った方がいい。

■おでかけ用品
品名 必要数 必要度 参考
マザーバッグ 1 検診時には必要になる。荷物が沢山はいるバッグならいい訳だが、専用品は、ポケットが多かったりポーチが付いてたりで、やはり機能的。お好みで。
ベビーキャリー
・スリング
1 退院時から使いたければ。
抱っこが辛くなってから買っても間に合うと思われる。
ベビーカー 1 - 最初は外に出す機会がないので不要。最初は軽いので、抱っこでも問題ない。
チャイルド
シート
1 退院時・検診に自家用車を利用するなら、必須。
ただし、車に乗らないなら、当然いらない。
関連記事

tag : 出産準備品 一覧

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮津怜佳

Author:宮津怜佳
ちまちまと創作小説を書いてます。
大阪在住。
現在、日々ちびっこと格闘中。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。