スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセス・トヨトミの映画

先日、テレビで放送されたので、録画してもらってました。
ようやく見られました。

以下、感想…。

大阪の風景から、人が消えた…という絵面は、確かに面白い。面白いんだけれど。
火を付けっぱなしだったり、カラスが飛んでたり…は、違うだろうと。
それと、大阪国側を端折りすぎて、「なんでやねん」な展開に…。大事な設定を変えちゃってるせいで、全く説得力がなくなったように思いました。
……うん、まあ、話はともかく、突っ込み所満載な映像を作りたかったのかな。
商店街すぐの中学校になぜか大阪城公園経由で通ってるとか、すげぇ男前な大阪城のたこ焼き屋の兄ちゃんとか(笑)
そういう意味では、面白かった。

結論。
原作を読んでください!!(笑)
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮津怜佳

Author:宮津怜佳
ちまちまと創作小説を書いてます。
大阪在住。
現在、日々ちびっこと格闘中。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。