スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスのたまる紙

最近、新聞を読んでも、ほぼ腹立たしい話しかないので、非常にストレスがたまりますね。
とはいえ、ニュースを見ないわけにもいかないし…。

でもって。
関西電力から「節電のお願い」の紙を見て、やっぱりイラっとしました。
もちろん、節電自体にではなくて。
「昨年の使用量と比較して 15%削減したら QUOカード進呈」という、アホな企画に、です。
…昨年も節電を呼びかけられてたと思うのですが。今年は去年より気温が上がりそうだというのに、それよりもさらに15%も節電するって、相当なんじゃないの?
というか、去年はろくに節電してなかった世帯でないと、無理なんじゃないの?
つまり、はなからそんなもん進呈する気がないのか、もしくは、普段アホみたいに使ってる「お得意様」に「だから今年の夏だけは、ちょっぴり使わないでね」と言ってるだけのことなのか?

去年も書きましたが、その節電の紙に書かれてた節電方法なんて、とっくに通常からやってる我が家。それでも、多少なりとも不自由してでも、使用量を減らしてました。
それを基準にして、更に15%とか言われても、「協力しよう」どころか「ふざけとんか」と怒りさえ感じます。
やっぱり去年も書いたことですが、そういうんじゃなくて、「世帯構成ごとの使用量目安から節電目標」もしくは「よく節電している家庭の使用量」を言ってくれれば、その数値になるよう協力する気にもなるし、協力のしようもあるんですけどね。

…実際、うちは一人乳児が増えてるので、去年より確実に使用量は上がります。そうならざるを得ない。
節電は当然しますけどね、ちびを病気にしない程度に。
関連記事

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

宮津怜佳

Author:宮津怜佳
ちまちまと創作小説を書いてます。
大阪在住。
現在、日々ちびっこと格闘中。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。